So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘルスラボ

私が、勤めていた動物病院でもサンプルを取り扱っていましたが、花王から出た 『ヘルスラボ』というドッグフードご存知ですか?
このご飯は、処方食なので動物病院でしか購入できません。
以前勤めていた病院でも感じていましたが、昔と比べ今や動物は家族の一員という色が濃くなってきています。
私が小さい時は、ドッグフードは劣悪な物が多くまた、人間の残飯をあげるものだという感じでした。
しかし、今やドッグフードは様々な改良がなされそれに伴うのか、犬や猫の寿命は延びているといわれています。
改良と言うものの中に、動物病院で取り扱っている処方食と言うものは、やはり市販品と比べ美味しくなくなかなか続けられない動物・そして飼い主さんが多かったのが実情です。
特に、減量食は今まで美味しい物を食べて育ってきている子に・・・。
と言った感じ。
しかし、だからと言って無視するわけにもいかず。
最近は、動物のおやつやご飯が色々出回っていて、コロンコロンしたワンちゃんを良く見かけます。
でも、知っていました?
肥満って人間もそうですが動物にも悪影響があるって。
今回紹介する 『ヘルスラボ』は、特定保健用食品「エコナ」との共同開発で、若々しく引き締まったカラダをキープする、体脂肪に着目したデイリーへルスケアフードです。
家族の一員である愛犬の一生の健康のために、そして、ご家族と愛犬との一生の絆のために、花王が取り組んだドッグフードです。

小難しいことを少し書きましたが、結局は家族と言う『絆』のための一手間。
最近、よく犬を題材にした感動映画が上映されていますが、もっと短くてもっと心が温まり、もっともっと自分に置き換えて涙を流してしまいそうなムービーがあります。
そんな愛犬と人との「絆」をテーマにした60秒のミニムービーを花王のドッグフード 『ヘルスラボ』サイトで見ることができます。見ていてなんだか心が温まるミニムービー。そして、今ならなんと、ムービーで流れている曲の着うたを無料配信しています。
私も実家に大型犬がいるのですが、2年前の冬にとても危ない状態になり、今は脱してでも、何とか生きていると言った感じでゲソゲソになった体を見ると胸が痛くなりますが、シッポをフリフリ近づいて来ると嬉しくなります。
2年前の冬は何も食べなくて母が困っていたので、動物病院の時に同じような子が食べていた処方食と、入院してたこが良くバクバク食べていたフードをペットショップで探し持って行ったら美味しそうに食べてくれてホッとしたのを覚えています。
本当に、ご飯の選択って大切だよなってその時から思っているのです。
ぜひぜひ、時間の空いたときでも見てみてください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。